東京で行き当たりばったりのポタリング🚴

こんにちは。

「ステップアッププロジェクト」への参加ため東京に行って来ました。

早めに行って、東京を回ってみることにしたのですが、最近では東京に行くと、知らないところを歩くようにしています。

時間がないときにはできませんが、時間に余裕があるときは、そうしています。

そのために、ホテルを「会場近くの駅」や「アクセスのいい駅」周辺に限定せず、あえてボクにとって馴染みの薄い駅周辺を予約します。東京は交通の便がいいので特段不便さは感じません…。

これまでも「半蔵門駅」「門前仲町駅」「浜松町駅」と適当に決め、その周辺を散策しましたが、今回は「両国駅」にホテルを予約しました。今回もノープランです。

「両国」は相撲のイメージしかボクの中にはありませんが、どんな発見があるか楽しみです。まず着いて早々、「東京スカイツリー」が近いことが分かりました。

いつもは歩いて周辺を散策したり、2~3駅くらいを移動するのですが、たまたま駅前に「サイクルステーション🚲」があり、自転車を借りて広く回ってみることにしました。東京を自転車で回る…ボクにとっては刺激的です。クロスバイクとロードバイクがありましたが、長距離でも快適に走れるようロードバイクを選択しました。

まず最初に見つけたのが、忠臣蔵の舞台となった「吉良邸跡」。ここは大通りから100m入った裏通りにありました。

そんな「吉良邸跡」の近くには「両国公園」があり、その一角には「勝海舟生誕地」を示す石碑がありました。

そして「回向院(えこういん)」というお寺。

振袖火事(ふりそでかじ)と呼ばれる明暦の大火(1657年)の焼死者10万8千人を幕命(当時の将軍は徳川家綱)によって葬った万人塚が始まりで、のちに安政大地震をはじめ、水死者や焼死者・刑死者など横死者の無縁仏も埋葬するお寺だそうです。

あらゆる宗派だけでなく人、動物すべての生あるものを供養するという理念から、さまざまな動物の慰霊碑、供養碑、ペットのお墓も多数ります。

中には「鼠小僧次郎吉」などの有名人のお墓も。

新たな発見がありましたが、やはり「両国」と言えば「相撲」、「相撲」と言えば「ちゃんこ」。

なので、昼食は「相撲茶屋 寺尾」さんで「ちゃんこ」をいただきました。山口でも「ちゃんこ」を食べたことがありますが、本場で食べる「ちゃんこ」はちょっと違う気がします。しょうゆ、みそ、カレー、しおと選べましたが、王道のしょうゆを注文。間違いなく美味しいのですが、ちょっと冒険してカレーにしても良かったかな…とも思いました。

「両国」を少し回ったあと、駅から見えていた「東京スカイツリー」に行ってみることに…。タワーを目視で確認しながら目指しますが、自転車だとあっという間の到着です。

走っていると所々で道路脇に自転車のマークを見掛けます。山口でも最近よく見掛けますが、公認された自転車道だということでしょう。東京の道路は走りやすかったです。

「東京スカイツリー」からは、行き当たりばったりで「浅草」「浅草橋」「飯田橋」と移動したのですが、途中で「靖国神社」の案内板を見付けたので、最終目的地を「靖国神社」に決めました。

8月15日に73回目の「終戦の日」迎えたばかりで、多くの方が参拝に訪れていらっしゃいました。ちゃんと参拝する格好ではなかったけれど、駐輪スペースに自転車を置き、ボクも参拝させていただきました。

ついでにボクが見たかった「大村益次郎」の銅像。「靖国神社」は戦前、陸軍省の管轄にあり、当時、陸軍のボスである「山形有朋」は大村を顕彰し、1893年、日本最初の西洋式銅像として「靖国神社」にの銅像を立てたそうです。

「靖国神社」で参拝した後、皇居を回って「両国」を目指します。ただ、地の利がなく、当てずっぽうで走っているせいか、なかなかたどり着けません。

とりあえず、墨田川の方に向かい、「東京スカイツリー」との位置感覚から「両国」の当たりを付けて走りました。それで何とかなり、無事戻ることができました。最後は「Google Maps」に頼ろうと思いましたが、その必要はなかったわけです。

とにかく、東京を自転車で回ることができて大満足です。

でも今回、「両国」だったから、こんなことができたようです。

東日本旅客鉄道(JR東日本)千葉支社が、自転車ファンに特化した特別列車「B.B.BASE」の関連サービスを拡充、JR両国駅に自転車ファン向け拠点「B.B.BASE バイシクルステーション」を2018年4月1日に開設したんだとか。

週末の両国駅を出発駅とし、内房線(館山、和田浦行き)、外房線(勝浦行き)、成田線(佐原行き)、総武本線(銚子行き)を使う4方面へ週ごとに切り替えながら運行しているようです。

本来は、ココで借りて、特別列車「B.B.BASE」に積んで、房総半島を自転車で走るのでしょうが、知らないボクは東京を走りました。

こんなサービスがあるのであれば、毎回「両国」でいいかもしれません。

肌質が柔らかくなっているか

こんにちは。

アトピー性皮膚炎の人の皮膚の特徴として、「ドライスキン」であること、表皮の「バリア機能の低下」から、刺激に反応しやすいことがあげられます。

アトピー性皮膚炎の人の皮膚表面の脂肪量を測ってみると、正常の人よりはるかに少なかったそうで、体質的に皮脂膜をつくる力が足りないことが原因とみられます。

皮脂膜の不足と皮膚内の水分保持能力の低下により、アレルゲンや微生物が容易に侵入し、さらには「過敏な体質」と併せてアレルギー反応を起こします。

つまり、アトピー性皮膚炎改善には、皮膚の炎症を抑えることは重要ですが、その先の「バリア機能の回復」が最も重要であると考えます。

アトピー性皮膚炎の皮膚の炎症を抑えることはそれほど難しいことではありません。皮膚の赤みの原因は「熱(ねつ)」…急性期は皮膚表面と体内の熱をまず取り除く漢方薬で対応していきます。

問題となるのは炎症がある程度炎症が抑えられて、肌の症状が一時的に落ち着いた後のことです。

再発を抑えながら、ザラザラになってしまったドライスキンをスベスベな正常な肌に戻す…ということです。肌の弱い状態を改善しない限り、再発しないという保証にはならないからです。

ボクが気を付けているのは「肌質が柔らかくなっているか」。お肌が改善する過程で、ザラザラしていた肌質が、水を含んで柔らかくなった印象を受けます。

皮膚病治療の三本柱は、「内服治療」「外用治療と弁証スキンケア」「養生」ですが、アトピー性皮膚炎の人は皮脂膜の不足により、体を保護できないことが発症の大きな原因の1つであるため、潤いを与え、人工的に皮脂膜をつくるスキンケアが欠かせません。

皮脂膜は、皮脂と汗が混じり合った天然のクリームであり、皮膚から水分の蒸散を防ぎ、皮膚を乾燥や刺激から守ってくれています。夏は気温が上がり、発汗量が増え、脂の分泌も旺盛になるため、重たいスキンケアは逆にベタベタし過ぎて不快に感じることがあるようです。ただ、水分を補ってあげることは必要であり、そのあたり、季節変化に応じたスキンケアが重要です。

今年は「山口地ビール」で

こんにちは。

お盆になると、年に一度「岡村家」が大集合します。

例年、夕方から始まるのですが、今年は12時に鳴滝の「山口地ビール」に集合です。

地ビール🍺をいただくところなので、車🚙では行けません…。乗り合いで行くのかな…と思いきや、こちらからも連絡しなかったし、連絡もなかったので家で待機していると、「もう始まったよ!」という電話が掛かってきました。

そこから慌てて「山口地ビール」に向かうのですが、帰りのことを考えて、折り畳み自転車で向かうことにしました。

距離にして約10km、最後の500mは上り坂です…。💦この日の山口はまだまだ暑く、走りながら汗がボトボトと流れ落ち、風が気持ちいいという感じではありませんでした。

折り畳み自転車でもスピードは出るのですが、やはりタイヤが小さいので、気持ちは焦っているのに、思ったほどは進まない感じです。特に上り坂はそれを強く感じました。

30~40分掛け、やっとのことで「山口地ビール」に到着。着いたころには食事も終わりに近づいていました。

ボクは汗ダラダラでのどカラカラ。せっかくの地ビールなので、10種の飲み比べセットを注文しました。モンドセレクション最高金賞を受賞した「スタウト」をはじめ「ペールエール」「ヴァイツェン」「ピルスナー」などの10種ですが、中には「ゆずのビール」「山田錦のビール」などの変わり種も…。のどが渇いているはずなのに、なぜか全部は飲みきれなくて、途中で手伝ってもらいながら、美味しくいただきました。

ボクの姪の「茉結ちゃん」はピザを2枚ペロリ。最近の「茉結ちゃん」は幼稚園に行かず、「だるま鍼灸院」で丁稚奉公をしているそうです。

幼稚園になると人数が多くなり、それがどうも苦手なようですが、ここでは同世代の子供たちと楽しく遊んでいました。

最後に集合写真を。今年は30人集まりました。

ネコ好き?におススメのパワースポット🐈

こんにちは。

先日、「免の石」という熊本県の南阿蘇村にあるパワースポットに行って来ました。

昨年の5月に行った際、立ち寄ったお店でたまたま「免の石」のことを知り、是非見てみたい…ということになったわけです。

ただ、簡単に行くことができる場所でなく、結構危険な場所なのだそうで、行くにはそれなりの準備が必要であるとのこと。しかも、私有地を通るということで、ツアーガイドに同行が必要で、3日前まで観光協会に申し込まないといけないんだとか…。

今回案内してくださったツアーガイドの柏木さん。ガイドは10人くらいいらっしゃるそうですが、その中でも柏木さんは筆頭であり、テレビ局や雑誌の取材で案内したそうです。どの人になるかはスケジュール次第なのでしょうが、今回一番いい人に当たったようです。

道の駅「あそ望の郷くぎの」内の「みなみあそ村観光協会」で受付を済ませ、柏田さんと合流します。途中、時間短縮のため、行けるところまで柏木さんの車に乗せていただきました。

車を降りて、その先の道を歩くのかと思いきや、いきなり脇道に入り、ゴロゴロした岩場を登って行くことに…。必要な物の中に「軍手」があったのですが、やっとその意味が分かりました。この辺りには蜂🐝やマムシ🐍がいるらしく、結構危ないところのようで、気を付けながら前に進んで行きます。実際に10日前にガイドしたとき、蜂に10か所以上刺されたのだとか…。

休憩を挟んだりしながら安全に進むため、片道1時間近く掛けて登りますが、やっと目指す洞窟が見えてきました。

やっと洞窟にたどり着くと、いきなり行き止まりではありませんか。

「思ってたのと違う…」「ネコがいない…」と一瞬思いましたが、振り返るとボクが見たかった景色が…。ネコ🐈のシルエットです。

もともとは首の辺りに「免の石」という巨大な石が挟まっていて、何万年もここに留まって落ちない石だったため、受験生や就職など合格を祈願する人などがパワースポットとして多く訪れたそうです。「免の石」はちょうどネコの鈴のような感じだったわけです。

しかし、平成28年4月の熊本地震で落石してしまい、ハッキリとネコの姿が現れました。

何万年も落ちなかった石が、震度7の地震には耐えられなく落ちたのですが、その石は砕けることなく50m下方に留まりました。今現在、受験生や就職祈願者の身代わりになって石が落ちた、途中で引っ掛かったという、繰り上げ的な「根性の石」としての意味に代わったようです。

柏田さんの話では、むかし「免の石」の「免」には女偏(おんなへん)が付いて「娩の石」と言っていたそうで、子宝、安産のパワースポットでもあるようです。

熊本地震前には1年間に1700人をガイドしたそうですが、地震後は170人と10分の1まで激減し、その後少しずつは増えてきているものの、まだまだ遠く及ばないようです。

地震後、安全の確保、楽しくトレッキングできるように階段や手すり、チェーンやロープなどで道を整備されたり、マムシの駆除も行われたそうです。

今回往復コースで約2時間、大満足の「免の石」トレッキングでした。

このトレッキングの起点となる場所の近くに「鳥の小塚公園」があります。

ここでは、500m先の「免の石」を見ることができます。と言っても、「免の石」は落下したのでネコの空洞だけですが…。

こちらは黒ネコといったところでしょうか…。それにしても不思議な場所です。

そのレプリカが公園にありますが、地震前はこの様に見えていたわけです。「免の石」が落下したことでパワースポットの価値が下がったのかどうかは分かりませんが、個人的にはネコの姿がハッキリしている今の方が好きです。

ボクは「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」に加えてもいいのでは…と個人的に思いました。

下山してからは、教えてもらった南阿蘇俵山秘湯郷♨「竹楽亭」に…。この辺りは立ち寄りの温泉施設がいくつもあるので、調べて行かれるといいと思います。

よければ、皆さんも是非…。おススメは春🌸と秋🍂だそうです。みなみあそ村観光協会

芳子先生の、赤ちゃんがほしい人のための漢方相談(2018年8月)

こんにちは。

毎月、ウチの母が「サンデー西京」さんに「芳子先生の、赤ちゃんがほしい人のための漢方相談」という記事を書かせていただいています。

160519_1

2018年8月の記事になります。


「子宮力」「卵巣力」「妊娠力」アップ
夏がチャンス!!妊娠力UP!!

今年の夏の猛暑は凄まじいものがあります。ですがこの暑さ、悪いことばかりでなく妊娠力UPにつながります。

細胞の中にある大切な器官であるミトコンドリアがATPというエネルギーを生み出して細胞が活性化され、精子も卵子も元気になり、妊娠力UPにつながります。熱帯の国の妊娠力は高く、寒帯の国の妊娠力は低い傾向にあるともいわれます。

ただ、このような暑さにより、ミトコンドリアが傷つき、ATP(エネルギー)が低下してしまうこともあります。そこで、素早く活性酸素を消去させ、ミトコンドリアを活性化させることが大切です。

先月45歳になられた方の出産報告を見て、自分もまだまだ出来るのだと励まされたとの声を頂きましたが、今回は44歳の方の第2子出産報告です。母子共にとてもお元気で母乳もたっぷりと出て、穏やかなニコニコと笑顔の可愛い赤ちゃんです。そして出来る事なら第3子も目指して体を整えていきたいとの希望をしっかりともっていらっしゃいます。

そのようなお話をしている時に、ご相談に来られたのがMさんで、第1子の時に漢方薬を服用され、第2子の時も漢方薬を服用され、二児の母として子育てに励んでいらっしゃるのですが、子供さん達がとても元気で、すくすくと育っていらっしゃって、出来る事なら第3子を希望で漢方薬を服用したいとのことでした。46歳でのチャレンジです。とてもお元気で、はつらつとしていらっしゃいます。

卵子の老化は35歳からと言われています。今回の皆さんは40代半ばと高齢でしたが、妊娠、出産、そして授乳の喜びと充実感はミトコンドリアを最大限に活性化し、若々しい卵胞、子宮内膜を保持し妊娠、安胎、安産、授乳、子育てへと繋がっていきます。

これらのことがよりスムーズにいくための漢方薬を服用して頂きながら、あらゆる面でサポートしていきたいと思います。お気軽にご相談ください。


その他の記事もありますので、コチラもご覧ください。

それ以前、「ぷらざ山口」さんで2002年1月~2013年7月までに掲載された記事はコチラ

気圧と体調

こんにちは。

台風13号は北日本の東で温帯低気圧に変わり、次の台風14号は11日夜から12日朝にかけて沖縄本島に最接近の見込みだそうですね。

太平洋高気圧に覆われる夏は、台風が大きな気圧変化とともに日本列島を通過したり、急激な積乱雲の発生による爆弾低気圧が起こったり、気圧の変化で体調を崩す方も増えるようです。

「雨の日は頭が重い」「台風の日は頭痛がひどい」なんてことはありませんか。

台風は「低気圧の塊」…と言われています。

ボクたちの周りの気圧(外圧)が低くなると、相対的に体の外に向かう圧(内圧)が強くなることから、浮腫んだり、頭痛が起こったりします。

台風が来ることによる「気圧の変化」により、体にかかる物理的な負荷によって、血管が圧迫や拡張して血流などが変調をきたして起こるわけです。

気圧の変化による体調悪化の原因は、血液循環の悪化やそれに伴う自律神経の乱れが考えられますが、それ以外には急激な温度変化も自律神経を乱す大きな原因となるようです。つまり、屋外と冷房のきいた部屋の温度差も要注意だということです。

「気圧の変化」は「自律神経の乱れ」を引き起こす…。

自律神経とホルモンのバランスは密接な関係にあります。中医学で言えば自律神経(肝)とホルモンのバランス(腎)の関係です。

ホルモンのバランスが崩れたら自律神経にも影響が出るでしょうし、その逆もあるでしょう。そこに気圧の変化という要素が加わることを考えますと、男性よりも女性の方が気圧の影響を受けやすいといえると思います。

なので、季節の変わり目などの「温度差」や台風など「気圧の変化」の影響が、知らず知らずのうちにボクたちの体に影響を及ぼして来る…ということです。

82.2%の有効率

こんにちは。

現代人は日常、目に負担をかける生活を送っているため、慢性的な目の疲れを訴える人が増えています。

国民のスマートフォンとタブレット端末の利用率が7割を超え、13歳~59歳までの年齢層のインターネット利用率が9割を超えているのだそうです。

サラリーマンの9割以上が仕事でパソコンを使用、日中はパソコン作業で目を酷使し、その上にテレビ、ゲーム、スマートフォンの使用により目の負担が大きい人がかなり増えていることは言えます。

このような目の酷使は、様々な目の病気の早発・進行を促す誘発要因の1つとなります。

目は耳・鼻・舌・皮膚などとともに「感覚器」と呼ばれる器官の1つであり、人体が外部から入手する情報の約8割が、目👁からの情報であると言われています。

中医学では、内臓と五竅(感覚器官)との関係を重視して、「肝は目に竅を開ける」という言葉があるように、目と肝とのつながりは深い…と考えています。

目と内臓のつながりを「瞳は腎」「黒目は肝」「白目は肺」「目頭と目尻は心」「まぶたは脾」といった、更に詳しく関連付ける考え方もあります。

その中でも「瞳=腎」「黒目=肝」の関係が重要であり、「肝腎かなめ」と言われるように、生命活動の中心に据えられる「肝」と「腎」は、働きを補い合う存在です。

目については、「腎」に蓄えられた「腎精」は、「肝」の「血」と協力し合い目に「精血(栄養分)」を送り、目の代謝を促進しています。

目の使い過ぎは、「精血」を消耗させ、疲れ目、視力の減退…といった目の異常につながります。また、加齢による「肝」「腎」の衰えは、老眼や白内障の引き金にもなります。

「肝」と「腎」を同時に強める中成薬(中国漢方)に「杞菊地黄丸」があります。

「眼科臨床医報」に発表された臨床治療例では、眼精疲労症状に対し、有効率82.2%という報告がありました。

目のトラブルに幅広く応用できる「杞菊地黄丸」は、「飲む目薬」と呼ばれています。目薬…と言うと点眼液を思い浮かべると思いますが、点眼液で症状が改善されない場合、「杞菊地黄丸」が有効であるかもしれません…。

山口七夕ちょうちんまつり

こんにちは。

8月6日(月)、7日(火)と「山口七夕ちょうちんまつり」があります。「竿灯祭(秋田県)」「ねぶた祭(青森県)」と並び、「日本三大火祭り」と呼ばれていて、室町時代より約600年の歴史があると言われています。山口市の夏の風物詩であり、山口市最大のお祭りと言っていいかもしれません。

毎年、ウチの前の通りもウチの通りも6日に「ミニちょうちんツリー」を出すのですが、昨年は台風5号の影響で中止となりました。

今年は台風の影響がなく、天気にも恵まれたので「ミニちょうちんツリー」を出しました。赤に白丸のダルマのようなちょうちんです。

薬局を閉めてから、家より外の方が涼しいし、せっかくなので「歩いてみよう…」と、イベント会場を歩いてみました。ウチのネコ🐈のあまちゃんと「ミニちょうちんツリー」。やっぱり外の方が涼しく、風が通って気持ちがいいので、あまちゃんもずっと外にいます。

交通交流広場では「ちょうちんツリー」。

県道204号線・パークロードの辺りでは「提灯山笠」。

中心商店街では「ちょうちん笹飾り(ちょうちんのトンネル)」。

ボクのスタートが遅かったので、駆け足で回ってどこにも寄りませんでしたが、雰囲気だけを感じて帰りました。

山口中医薬研究会の勉強会

こんにちは。

この日曜日、「小郡ふれあいセンター」にて山口中医薬研究会の勉強会がありました。

いつもは入口の黒板に「山口中医薬研究会」と書いてあるのですが、この日はニーハオシンシン🐼が描いてありました。

午前は症例発表で、午後は中医師のお話です。今回は、講師の中医師が来れなくなったため、急遽、中医師がまとめた資料の読み合わせを行うことになりました。「目」「耳」「カゼ」「免疫」「腎精」など、それぞれ担当を決めて前で話します。

前半の症例発表は2人が発表するのですが、今回ボクもその1人で、2例のアトピー性皮膚炎を発表させていただきました。

どちらも20年近くステロイド外用剤を使用されていて、症状が悪化してきたことからご相談に来られました。1年近く続けていただいている現在、症状は落ち着いていて、ステロイドの外用剤の使用頻度もグッと減って来ていますが、完全に中止するまでには、もう少し時間が掛かりそうです。

昼食をはさんで、午後からは資料の読み合わせです。

いい資料ですが、なかなか日頃読む時間が無かったり、持っていて満足…ということで、開く機会がないのが勿体ないと、あえてその時間を設けたようです。

資料が9冊あったので、それぞれ参加された先生が1冊ずつ担当、そこにそれぞれ先生の考えや症例など加えられ、充実したものとなりました。

三師会の親睦ソフトボール大会⚾2018

こんにちは。

三師会の親睦ソフトボール大会が大内の「リフレッシュパーク」でありました。

第一試合は「歯科医師会」と「薬剤師会」。1試合50分で行います。今回も4人の主力選手はフルで出場、それ以外は途中交代での全員参加で試合に臨みました。

この試合は「歯科医師会」のペースでスタートし、「薬剤師会」がそれを追うような展開となりました。毎回そうですが、点を取られたら取り返す…点取り合戦のような試合でプロレスみたい。負けてはいましたが、5回の最終回に追いつき、13-13の同点に。「逆転するかも…」という展開でしたが、残念ながらそれは叶いませんでした。

結果、初めてとなるジャンケンでの決着となりました。代表者の一発勝負のジャンケンではなく、最後に参加したメンバーが1人ずつのジャンケン。残念ながら「薬剤師会」は負けてしまいました。

第二試合は「医師会」と「歯科医師会」。この試合は接戦で、最終回、「医師会」が「歯科医師会」の攻撃を守り抜き、7-6で「医師会」の勝利となりました。

第三試合は「医師会」と「薬剤師会」。ボクは後半から出場…DHで5番を任されました。

自信はなかったですが、それでも塁に出て得点には貢献できました。

「薬剤師会」は表の攻撃、5回の表が終わった時点で5-2。3点差を守り切ることができるか…というところでしたが、「医師会」に点を与えず勝利することができました。最後のバッターはセンターフライだったのですが、そのウイニングキャッチの瞬間です。ボクはDHなので守りのときはカメラマン、だからその瞬間を撮ることができました。

・〇歯13-13藥✕(ジャンケン)
・✕歯6-7医〇
・〇薬5-2医✕

ということで、全チームが1勝1敗。そのため、得失点差で「薬剤師会」の優勝が決まりました。

結果「薬剤師会」が優勝、一昨年、昨年に続き3連覇することができました。

どのチームが優勝してもおかしくない試合でしたが、ボクたちが連続で試合がなかったので体力的に有利だった…ということが大きな勝因なのかと思います。でも、皆で勝ち取った優勝…本当に嬉しく思います。

その後、祝勝会を兼ねた打ち上げを「薩摩ぢどり」で行いました。

このソフトボールを皮切りに、9月まで三師会親睦行事が行われます…。